作業服専門店ホーム > 作業服コラム




作業服をネットで買って大丈夫?
失敗しない為に〜サイズの測り方〜
失敗しない為に〜色の違いって?〜

作業服をネットで買って大丈夫?
作業服を買うときに注意すること言えばなんでしょう。
「会社規定の色じゃないといけない」「基盤を触るので帯電防止じゃないといけない」もちろん「かっこいいものがいい」など様々です。
作業服を購入できるのはホームセンターや作業服店が主流ですよね。
中にはメーカーカタログを見て会社でまとめて購入、という方もいらっしゃるかもしれません。
もちろんお店に行けばサイズ、素材、触り心地などその場でわかるので自分の気に入ったものがすぐに手に入るでしょう。
しかし、落とし穴があるのです。
それは「実店舗は土地が限られている」ということ。
各メーカー、全ての商品を全て取り揃えることは困難を極めます。毎シーズン新商品が発売される作業服に対して、お店の坪数は有限なのです。
そんな中、インターネット通販は非常に便利。
各メーカーの作業服を比較しながら、素材やサイズ、もちろんプリーツやポケットなどの機能などを数回のクリックでチェック出来て、自分が気に入る作業服を買うことが出来るのです。

「でも試着できないからなあ・・・」
そう思われたあなた、正解です。作業服のネット通販の最大の弱点は「試着が出来ない」こと。
でも大丈夫、それをクリアするためにワークストリートでは適応サイズの表記をさせていただいています。

「でも毎回ネットで住所だとか電話番号を入力して通販するのは面倒だし・・・」と思われたあなた!
これに関してはワークストリートで会員登録をすれば解決です。
購入までの流れがスムーズで一度データを登録しておけば再度購入する時にそのデータを引用して利用できるので何度も個人情報を入力することもありませんよ!
ワークストリートなら会員登録するとすぐに使える500ポイントをプレゼントしています。
1ポイント=1円で使えちゃうのでとってもお得!ネット通販って意外と怖くないんです。
ネット通販は種類が豊富!

失敗しない為に〜サイズの測り方〜
さて、前述した作業服をネット通販する際の最大の問題「試着が出来ない」。
これをクリアするためにワークストリートでは商品毎にサイズ表を掲載しています。
「普段の服はMサイズだから、この作業服もMで大丈夫かな」
そう思ってMサイズを買い物かごに入れちゃうあなた!ストーップ!
「サイズ表を掲載している」って言ったばっかりじゃないですか!
失敗しない作業服選びの為に、この三つのポイントを抑えておきましょう。

1:自分の体のサイズを知る!
まっすぐ背筋を伸ばして立ちます。ちょうど身体測定の身長を測るときのポーズです。
この姿勢で測った数値を適応サイズ表と照らし合わせてみましょう。
このときヌードサイズで測ります。
また、実測ウエスト88cmであれば、88cmのパンツではなく91cmのパンツを買いましょう。
作業服は工場縫製なのでどうしても数mmの誤差が出ます。窮屈にならないようにゆとりを持つと安心です。

2:普段着ている服のサイズを知る!
体を測るより簡単な方法。それは今着ている服のサイズを測ることです。
着丈52cm、なんてしれっと書かれていてもどのくらいの大きさかイメージが沸きづらいものです。今着ている服を床に平らにして置いてみてください。
その服のサイズを測って適応サイズ表と比べるとイメージがしやすく、作業服の通販のハードルがグッと下がります。

3:記述されてる箇所の位置を知る!
着丈・・・襟の付け根から後ろ見頃の裾まで
胸囲・・・袖の付け根からぐるっと胸を測った長さ
袖丈・・・袖の付け根から先端まで
肩幅・・・直線で肩先から肩先まで
裄丈・・・襟の付け根から袖の先端まで
ウエスト(腰囲)・・・パンツのウエストをぐるっと測った長さ
股下・・・内股の縫い目から裾の先端まで

こちらを目安に測っていただけると幸いです。
ネット通販は種類が豊富!

失敗しない為に〜色の違いって?〜
これでサイズの問題は解決しました。
ただし作業服のネット通販には次の問題が立ちはだかります。
それは「色」!
あなたがこのページを見ているのはパソコンでしょうか?そのパソコンはデスクトップ型?それともノート型?タブレットやスマートフォンで閲覧している場合もあるでしょう。
そうすると、その端末のディスプレイはメーカーよって微妙に色が違います。
その為、思ってたのと色が違う!なんてことがありえるのです。
でも大丈夫!
この問題に関してはワークストリートではなるべくメーカー提供の色味が正しい商品画像を掲載させて頂いています。
それでも「上下で揃えて買ったのに微妙に違う・・・」なんて事態を回避するために、なるべく同じ季節の同じシリーズで購入しましょう。
秋冬物と春夏物だと生地の厚みが違うので、同じ綿100%でも色味が違ってみえることもあります。
さらにメーカーで同じ色名の商品でも、綿100%の素材を使用したものとポリエステル100%の素材を使用したものだと、ポリエステルを含む方が少しだけ明るく見えたりします。光を反射しやすいのです。イメージ通りの作業服を購入するためには色の表記だけでなく素材も気にして購入するようにしてみると思い通りの作業服が購入しやすくなります。
豊富に商品があるのがネット通販の利点。上手に活用したいですね。
ネット通販は種類が豊富!

商品カテゴリー
作業服作業服
安全靴安全靴
作業靴作業靴
作業靴地下足袋
長靴長靴
防寒長靴防寒長靴
レインウェアレインウェア
手袋手袋
靴下靴下
手甲・脚絆手甲・脚絆
安全保安用品安全保安用品
インソールインソール
衛生用品衛生用品
季節対応商品季節対策商品
工具工具
ブルゾン・シャツ
-春夏対応商品-
-秋冬対応商品-
営業日カレンダー

休業日は商品発送・お問合せ対応をお休みさせていただきます。

ワークストリートってこんなお店です。
レビュー
注意
廃番セール
メールが届かないお客様へ
安全靴ランキング
お客様の声
ワークストリートジャーナルバックナンバー
ゆきのちゃんブログ
FAXでのご注文も承ります
安全靴よくある質問
安全靴の選び方
安全靴のお手入れの仕方
安全靴の注意点
JIS企画について
メルマガ
インスタグラムやってます!"
安全靴や作業服などの通販【HOME】

Copyright Work Street All Rights Reserved.