安全靴|ディアドラから新作出ました!新素材ハイパルスフォームがすごい!

寒いですね。
あ!メリークリスマス!
日本一楽しい安全靴屋ワークストリートの鉄男です。

今日12月25日はクリスマスですね。
12/24日のクリスマスイブで盛り上がる人が多いですが、本日がメインですよ♪
だからと言って私は何も予定がないんですけどね(^^;

寒くなってきましたが、私の住む飛騨高山では大問題が発生してます!
それは…雪が全く降らない問題!
そしてスキー場がオープンできない問題が発生!
住んでいる人間からしたらありがたいんですけどね…

飛騨高山はそこそこ雪が降るので、ウィンタースポーツが盛んです。
ちょっと車で走ればスキー場が何カ所かあるんですが、まったく雪が積もらないからオープンが延期されています(~_~;)
人工雪で何とか雪を積もらせているんですが、それでは追いつかない…
クリスマスの時期になれば積雪しているのが当たり前なんですが、ここ数年は全く積もらない…
全国的にも雪が降らない状態になっているみたいですね…


去年の12月25日に撮影した写真が出てきましたが、雪なさすぎ…
ホントは一面銀世界になっているのが当たり前なんですけどね…
私はスキーやスノーボードはしないですが、雪原の中、写真が撮れないのが寂しい…

さて、鉄男の地元トークはこれくらいにしておいて、今日はディアドラの新作安全靴をご紹介!
DIADORA|ディアドラ|安全靴|タネ―ジャー TN128 TN212
DIADORA|ディアドラ|安全靴|タネ―ジャー TN128 TN212

スポーツブランド「DIADORA」の安全靴、タネ―ジャーです!

ディアドラといえば、サッカーをはじめとしたさまざまなアスリートに大人気のスポーツブランドです!
私はサッカーの印象が強いですね。
もとはイタリアで登山靴メーカーとして創業したみたいです。へぇ~。
少し前から安全靴も登場し始めて、スポーツシューズのようなデザインで人気です♪

さて、そんなディアドラから登場したタネージャー。
ん?タネージャーって何?

ディアドラの安全靴はよく鳥の名前が付けられます!
FINCH(フィンチ)・KIWI(キーウィ)・EMU(エミュー)・SWALLOW(スワロー)…などなど
鳥の名前が付けられるということは…今回のタネージャーも鳥の名前のはず…

ちょっと調べてみます!
えーっと、タネージャーは…
フウキンチョウという鳥でした!
どんな鳥やろ…
タネージャー
こんな鳥でした。
フウキンチョウの仲間は他にも種類がいるらしいけど、鮮やかですね♪

靴の名前の由来はこんな感じです。
それでは安全靴の機能をご紹介しましょう!
DIADORA|ディアドラ|安全靴|タネ―ジャー TN128 TN212
ディアドラ安全靴の最大の特徴はなんといっても疲れにくい!ということ。
ハイパルスフォームを採用しているんです!

え?ハイパルスフォームって何?
ハイパルスフォームとは着地の衝撃をしっかり吸収しつつ高い反発力により快適な推進力を生み出す次世代の素材です…
とのこと…つまりクッション性がめっちゃすごいということですね!

さらにさらに!
先芯部分はゆったり広めにしてあるので、つま先が痛くなりにくい!
サイドはメッシュなので、ムレもしっかり外に逃がします!
ソールは部分的に合成ラバー素材を切欠いているので、軽量化とクッション性が向上しています!
中敷きは通気性とクッション性が抜群のブレスライトインソールを使用しています!

もう…すごい機能があり過ぎて説明しきれない…
お値段は確かに高いですが、こんなに素晴らしい機能が付いているので買って損はないです!

DIADORA|ディアドラ|安全靴|タネ―ジャー TN128 TN212

今回、タネージャーを作るにあたって、木型、ソールなどの設計をすべてゼロから見直したんですって!
ディアドラの安全靴はすげぇ…
これは履いてみる価値ありですね!
初めてディアドラを履く方にもおすすめです!

ということで今回は鉄男がお送りしました~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください